今後、日本の労働市場は、人手不足への対応に加えて、技術革新や人口動態の変化といった構造的な課題への対応も同時に迫られております。
革新を担う高度な人材の育成、新技術の導入に対応して働き方を見直し、いかに生産性の向上に繋げるかといった課題に対応する事が求められています。
同時に、少子高齢化・平均寿命延伸化の中で男女ともに社会で活躍し、自分に合った仕事を長く続けていく事を可能にする働き方の実現が望まれております。
 
 このような状況の中で、平成31年8月開通予定の横手北スマートインターを利用することにより物流・商流・情報流を活発にし、コストの削減化を図ります。また、組合でも社会の変革(イノベーション)を通じて、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重しあえる社会を構築していくことを念頭に運営して参りますので、組合員各位には引き続き強い結束力と参加意識をもって組合事業及び組合行事へのご参加をお願い申し上げます。


 

理事長 和泉 正之